English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 49927/85107 (59%)
Visitors : 7781577      Online Users : 39
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/99686


    Title: 鷗外文学に見た明治女性の理想像ー『半日』における「疎外者」を中心にー
    Other Titles: The Image of the Ideal Women in Meiji Era: The “Outsider” Seen in Mori Ogai’s The Half Day
    Authors: 廖育卿
    Contributors: 淡江大學日本語文學系
    Keywords: 明治女性の理想像;疎外者;心境変化;近代化;夫婦関係
    Date: 2014-11-15
    Issue Date: 2014-12-09 18:16:02 (UTC+8)
    Abstract: 嫁姑問題にてこずる高山峻蔵博士の家庭内の事情について描かれた『半日』においては、外から嫁いできた「奥さん」と、その「奥さん」を中心に新しくできた「家庭」における姑は、対照的立場として描かれている。明治維新による影響により、「良妻賢母」を尊う伝統的家庭観は、「新しい女」の出現によって徐々に変容していった。そして、大家族から核家庭という新しい家庭の形に変貌したことにも深く関与している。閉鎖的空間とされる家庭の中では、嫁も姑も「疎外者」になりかねない。本研究は嫁と姑との関係に着目し、家庭内の「疎外者」の意味の変容についての考察を踏まえながら、当時明治社会が求める理想的な女性像を描き出すことを試みる。
    Relation: 第十回国際日本語教育.日本研究シンポジウム論文予稿集
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 會議論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    廖育卿S.pdf82KbAdobe PDF271View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback