English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 51897/87065 (60%)
Visitors : 8468704      Online Users : 132
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/98995


    Title: 日本版グリーン革命の構築
    Authors: 蔡錫勳
    Contributors: 淡江大學亞洲研究所
    Keywords: 軽薄炭省;温室効果ガス;鳩山イニシアチブ;太陽光発電;世界標準
    Date: 2011-09
    Issue Date: 2014-10-08 13:27:49 (UTC+8)
    Publisher: 台北市:政治大學國際關係研究中心
    Abstract: 日本の産業発展は、戦後の造船や鉄鋼業といった「重厚長大」産業から、1980 年代には家電などの「軽薄短小」産業に移り変わり、現在は環境を重視する「軽薄炭省」の新時代を迎えている。では、日本は優れた環境・エネルギー技術を持っているが、それだけで戦略的世界標準を獲得できるのであろうか。ましてや、「世界標準を取れば市場が 取れる」というわけではないのである。
    結論として、グリーン革命は20 世紀型文明の行き詰まりと石油中心経済の限界を示している。日本の環境・エネルギー技術は日本のみならず、全世界の共通資産である。経済発展と環境汚染は決してトレードオフの関係ではない。日本が環境への対応から利益が得られることを示せるなら、発展途上 国はそれを見て素早くキャッチアップするであろう。
    Relation: 問題と研究 40(3),28頁
    Appears in Collections:[亞洲研究所] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    index.html0KbHTML127View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback