English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 52355/87459 (60%)
造訪人次 : 9122697      線上人數 : 229
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/98969


    題名: 『奉教人の死』における〈刹那の感動〉の再検討-女性登場人物の愛情表現を踏まえて-
    其他題名: 《奉教人之死》之「刹那間的感動」再考-女性角色之愛的表達
    作者: 廖育卿
    貢獻者: 淡江大學日本語文學系
    關鍵詞: 愛的表現;女性;母性;發狂;謊言;愛情表現;女性;母性;狂気;
    日期: 2014-06-30
    上傳時間: 2014-09-28 16:44:01 (UTC+8)
    出版者: 新北市:淡江大學日本語文學系
    摘要: 本研究は『奉教人の死』における女性登場人物の愛情表現を踏まえて、〈刹那の感動〉の位置づけを再考することを目的としている。本稿では、まず、傘張の女と「ろおれんぞ」のそれぞれの愛情表現を分析し、『奉教人の死』の二人の女性登場人物に見られる特徴を見出した。次に、それを踏まえて『奉教人の死』における最大のポイントである〈刹那の感動〉の位置づけを再検討した。
    傘張の女と「ろおれんぞ」の描写の考察を通して、二人の女性の愛のあり方が異なっていることがわかる。傘張の女の愛情表現は率直にありのままを表すものであり、彼女自身の意志に忠実な〈表顕的愛〉である。それに対し、「ろおれんぞ」の愛情表現は自らの理由によって女性という正体を暴露できない故、かすかに読み取られる程度のものであるが、実際は他人の子供を救うため自分の命も惜しまぬ程の力を持った〈隠微的愛〉であるといえる。
    また、二者の愛の表現の共通点が「嘘」というキーワードを出発点として、〈刹那の感動〉のもう一つの解釈が得られた。それは、「ろおれんぞ」の〈隠微的愛〉が明らかにされ、いわゆる〈表顕的愛〉に転換したその瞬間に人々が感じたものである。一見宗教的な物語に見えるが、実は『奉教人の死』は女性の愛情表現、母性の表現、そして人々の愛に対する感動を語った多義性を持つ作品であるといえるのである。
    本研究藉由考察芥川龍之介作品《奉教人之死》中的兩位女性角色的表達方式,分析出各自的愛的表現的特徵。並藉此特徵深入剖析《奉教人之死》文末所表達的「刹那間的感動」之真正意涵。從賣傘的女孩與「羅倫佐」二位女性角色上,可以看出其各自對愛及愛的表達方式大相逕庭;賣傘的女孩忠於自我,將內心的感受真實而直接地表露出來,感情奔放而強烈,可謂是『顯明之愛』;相對於此,「羅倫佐」雖因藏有不為人知的秘密,而無法公開原本為女兒身之事實,但為了救一個身陷火海的純真嬰兒,亦不惜犧牲自己的生命,「羅倫佐」的愛的表達方式是為『隱微之愛』。再者,兩者在愛的表達方式的基準點上,其實有其共通點-「謊言」。在「羅倫佐」隱瞞女兒身的謊言之上,賣傘的女孩因為對「羅倫佐」抱持著深深的好感而撒了瞞天大謊,錯中有錯的二重構造,造成教徒對「羅倫佐」不信任及失望,而至逐出教門。最後的高潮來自於誤會解開,事實重見天日的瞬間,也就是「羅倫佐」的愛從『隱微之愛』的表達方式,轉變成感情奔放而澎湃的『顯明之愛』的時刻。這也是《奉教人之死》文末所表達的「刹那間的感動」的新的意義。《奉教人之死》乍看之下是一篇具有強烈宗教性的作品,事實上也是一篇可以從女性及母性角度等多層次來欣賞的作品。
    關聯: 淡江日本論叢 29,頁53-75
    顯示於類別:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    index.html0KbHTML71檢視/開啟
    奉教人之死》之「刹那間的感動」再考-女性角色之愛的表達.pdf898KbAdobe PDF1檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋