English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 50124/85142 (59%)
Visitors : 7911037      Online Users : 56
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/98315


    Title: 対面接触場面における調整行動―台湾人日本語学習者と日本語母語話者の会話より―
    Other Titles: The Behavior Adjustment Occurred in Face-to-face Conversation - Based on observation between Taiwanese Japanese learner and Japanese Native speaker
    Authors: 施信余
    Contributors: 淡江大學日本語文學系
    Keywords: 対面接触場面;意味交渉;上級日本語学習者;形式調整行動;内容調整行動;face-to-face conversation between native speaker and non-native speaker;negotiation of meaning;advanced Japanese learner;adjustment in form;adjustment in content
    Date: 2014-05
    Issue Date: 2014-07-14 16:45:43 (UTC+8)
    Publisher: 日本語教育研究会
    Abstract: 本研究では、日本語母語話者と台湾人日本語学習者による接触場面での自然会話を取り上げる。分析に用いた対面接触場面での会話は、人間の相互作用としての「言語運用」の分析に適した形で文字化され、公開されている宇佐美まゆみ監修(2011)『BTSJによる日本語話し言葉コーパス(トランスクリプト・音声)2011年版』の中の12会話(初対面二者間・雑談)である。それらの会話データを、コミュニケーション問題を解決するために行われる調整ストラテジーにはどのようなものがあり、それぞれの調整ストラテジーがインターアクションの中でどのように機能しているかについて考察した。その結果、会話参加者の考えている内容を重視する場面では、母語話者と学習者の間の言語ホスト対言語ゲストという固定化した関係が崩れる可能性が示唆されている。
    Relation: 日本語/日本語教育研究 5 ,pp.191-206
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    ronbun-saisyuuban(SHIH).pdf303KbAdobe PDF1058View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback