English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 51931/87076 (60%)
Visitors : 8495685      Online Users : 104
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/93325


    Title: 戦後日本の大学における教養教育の変遷
    Authors: 瀧澤 武
    Contributors: 淡江大學日本語文學系
    Date: 2003-11
    Issue Date: 2013-12-23 15:23:23 (UTC+8)
    Publisher: 臺北縣:淡江大學日本研究所
    Abstract: 第二次世界大戦後の日本の新制大学を戦前の旧制大学と比較するとき、その大きな特徴ひとつに一般教育の導入による教養教育の実施が挙げられる。これは専門教育偏重であった戦前の大学教育への反省からその導入がなされたものであるが、終戦直後の短期間のうちに、アメリカをモデルとして、ほぼ強制的に行なわれた大学改革の過程で、関係者の間で一般教育に関する十分な理解や検討あるいは合意形成がなされないままとなっていた。さらに、その後の大学を取り巻く状況の変化によって、戦後の新制大学の大きな柱とされた一般教育は長い問機能不全の状態におかれてきた。しかし、高等教育がユニバーサル段階へと移行しつつあり現在の日本において、教養教育改革は再び大学の将来をかけた重要な改革課題の一つになりつつある。
    Relation: 日本思想、價值觀的時代變遷 : 國際學術會議論文集,頁351-370
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 會議論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    index.html0KbHTML42View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback