English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 49983/85139 (59%)
造訪人次 : 7793115      線上人數 : 53
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/79636


    題名: 淡江大学日本語学科におけるボランティア授業に関する 一考察―ボランティアガイドの実践を通して―
    其他題名: 淡江大學日本語文學系服務課程之考察研究 --以四年級會話導覽服務課程為例—
    A consideration about the volunteer class in department of Japanese of Tamkang University ; Through the practice of a volunteer guide
    作者: 黑島千代;劉德敏;彭春陽
    貢獻者: 淡江大學日本語文學系
    關鍵詞: 服務課程;ボランティア;日本語;ガイドクラス;淡水;義工;日語導覽課程;觀光;service curriculum;volunteer;Japanese guide class;Tamsui;sightseeing
    日期: 2010-12-31
    上傳時間: 2012-12-29 13:19:30 (UTC+8)
    出版者: 新北市:淡江大學日本研究所
    摘要: 淡江大学日本語学科は教育部の服務教育課程に合わせるため、98学年度(2009 年)から四年生の必修科目「日本語会話(四)」の11クラスの中から、一クラスを「日本語ガイドクラス」にすることを決めた。これは教育部指導によるボランティア教育の一環として組まれたプログラムである。一人の学生につき、年間36 時間のボランティア活動が義務付けられている。そのため、教室活動はボランティア活動に必要な事前学習の時間に使われることが多い。事前学
    習の目的は、淡水にある古跡の歴史的背景や文化的遺産の意義を理解することで、そのほかには、淡水の新しい観光資源の発見と淡水の行政や文化財団が力を入れている観光への取り組みを理解することであった。本研究は授業担当の黒島千代、TA を勤めた劉徳敏およびコースデザインの彭春陽が共同執筆したものである。この一年間実施してきたものを顧みて、学生たちの意見を調査し、今後の対策を探ろうとするのが目的である。
    淡江大學日文系自98 學年度起,為配合教育部服務教育課程,將四年級必修科目「日語會話(四)」11 組當中,增設服務導覽組。課程的設計希望能夠符合教育部服務課程的要求。每位同學一年當中必須要從事36 小時的義工服務。因此,教室學習的部份,大多使用於因應義工活動所需之前置學習。前置學習之目的,在於認識淡水古蹟的歷史背景及文化遺產的意義,以及發掘淡水新的觀光資源、並接觸淡水行政單位及文化財團所致力開拓之觀光產業。本研究由擔任本課程授課之黑島千代、從事教學助教之劉德敏、以及課程設計之彭春陽共同執筆。本研究之目的為回顧一年來實施之成效,調查同學學習過程之意見,企圖改善本課程未來之規劃及實施。
    Our department has set up "Japanese guide class" in this subject of "Japanese conversation 4" according to the service curriculum of the Ministry of education at 98 academic years (2009). This is a part of the volunteer education. Students have the obligation of the volunteer work of 36 hours in one year. Therefore, the class in the classroom has executed some prior studies necessary for the volunteer work. Its prior study has purposes that understand the historical background of historic interests that exist in Tamsui and the meaning of the cultural heritage. Moreover, its purpose is to discovery the new tourist resources in Tamsui and to understand the sightseeing industry promotion of some related organizations. This study is a joint writing of Kuroshia who takes charge of the class, Liu who takes charge of the class TA and Perng who has designed this curriculum. This study introduces this content of execution for one year, and searches for future tasks.
    關聯: 淡江日本論叢=Tamkang Japanese journal 21,頁55-75
    顯示於類別:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    21輯[1].pdf1091KbAdobe PDF382檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋