English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 49258/83761 (59%)
Visitors : 7139646      Online Users : 67
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/79539


    Title: 台日経済産業関係の回顧と展望
    Authors: 任燿廷;Jen, Yao-tian
    Contributors: 淡江大學日本研究所
    Keywords: 貿易構造;産業構造;国際収支;台日 FTA/EPA;サプ ライチェーン
    Date: 2002-09
    Issue Date: 2012-12-09 15:07:09 (UTC+8)
    Publisher: 台北市:國立政治大學國際關係研究中心
    Abstract: 本稿の目的は台日経済交流の回顧と、台日経済関係を検討して、 将来双方経済関係の発展につき提言することである。まず、台日間の 貿易とその収支並びに直接投資の推移を検討して台日経済の交流を 回顧し、そして最近の台日間国際収支を通して台日経済産業関係の 現状を究明した。戦後台湾経済の成長においては、日本から資本、 技術及び資本財、基幹部品を輸入するとの基本的なパターンが変わ らなかったことを確認した。次に、台日間商品別貿易構造の検討を 通して、双方の経済産業関係を吟味した。台日間の貿易構造におけ る産業内貿易の進展は、双方の産業構造の補完性を反映することで ある。そして台日間不均衡な貿易収支を検討するには、中国の要素 は無視することが出来ない。生産技術構造レベルの差異によって、 台日間と日中間の異なる貿易構造を現している。これは台日中にお ける産業構造の補完性を意味し、また三角貿易を形成する契機とな ることを示している。最後に、東日本大震災後六つの経営ジレンマ に陥っている日本企業の脱出と寸断された日本産業サプライチェー ンの再構築に台湾は協力すべきである。台日間の戦略的な経済提携 は台日 FTA/EPA の締結と台湾企業を組み込む日本産業サプライチェ ーンネットワークの再構築を通して行なうことを提言する。
    Relation: 問題と研究 41(3),頁33-61
    Appears in Collections:[日本政經研究所] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    index.html0KbHTML1415View/Open
    台日経済産業関係の回顧と展望_全文.pdf556KbAdobe PDF28View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback