淡江大學機構典藏:Item 987654321/77693
English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 58017/91564 (63%)
Visitors : 13713264      Online Users : 41
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/77693


    Title: 明治時代後期『台湾日日新報』広告の考察─ジャンルと表現形式の変化およびその社会的記号性─
    Other Titles: 考察明治時代後期《台灣日日新報》上刊登廣告—種類與表達形式的差異以及社會符碼性—
    Authors: 落合由治(Ochiai, Yuji)
    Contributors: 淡江大學日本語文學系
    Keywords: 《台灣日日新報》;廣告;種類;年度變化;社會符碼;"Taiwan Nichinichi Shinpo";advertisement;genre;annual change;social sign
    Date: 2011-06-30
    Issue Date: 2012-07-04 16:54:22 (UTC+8)
    Publisher: 淡江大學日本語文學系
    Abstract: 本論文は、日本統治時代の新聞『台湾日日新報』掲載の広告を資料に、調査サンプルとして明治中期から末期(1897、1902、1907、1912年)の4年中から各4月10日のすべての広告を対象にして、以下のような注目点を決めて、年次変化と、そこから何を読み取ることが出来るかを報告した。その概要は以下のとおりである。
    (1)広告のジャンルは、販売・製品の広告が多く、サービス、交通、人事が常に掲載され、教育・図書が次第に増加している。1912年からは、求人、求職、不動産などの紹介広告が入っている。
    (2)広告の方法では、「デザインなし・漢字・カタカナ」の広告から、「デザインあり・漢字・平仮名」の広告が増える傾向が見られる。
    (3)今回の調査範囲で言えば広告ジャンルから見て、明治後半の時期に総督府が広告を統制していた傾向は窺えない。
    (4)広告からは、当時の台湾の社会的記号として「汽船」と「売薬」が近代化の象徴と推測でき、日本本土とは異なる記号過程が推測できる。
    Relation: 淡江日本論叢 23,頁107-131
    DOI: 10.29714/TKJJ.201106.0006
    Appears in Collections:[Graduate Institute & Department of Japanese] Journal Article

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    index.html0KbHTML6View/Open
    明治時代後期『台湾日日新報』広告の考察─ジャンルと表現形式の変化およびその社会的記号性─.pdf落合由治日本論叢23號201106論文1514KbAdobe PDF2View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback