English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文笔数/总笔数 : 49647/84944 (58%)
造访人次 : 7707526      在线人数 : 61
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻


    jsp.display-item.identifier=請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/75507


    题名: 環境R&Dと経済成長
    其它题名: The effects of environmental R&D on economic growth and environment in global economy
    作者: 小山直則
    贡献者: 淡江大學亞洲研究所
    日期: 2011-04-05
    上传时间: 2012-03-30 15:58:37 (UTC+8)
    出版者: 神戸大学経済経営研究所
    摘要: 本研究の第一の目的は、Grossman and Helpman(1991, ch3)のVariety Modelに環境汚染と企業の環境R&D活動を導入し、企業の排出削減技術の開発が経済成長と環境に与える影響を分析することにある。Grossman and Helpman(1991, ch.3)のモデルを活用することにより、企業による排出削減技術の研究開発行動(環境R&D活動)を議論することが可能となる。さらに、これが経済成長と環境に与える影響を分析することが可能となる。第二の目的は、国際貿易を導入することによって、日本と東アジアのグローバル化の進展が環境R&D活動を通じて各国の経済成長と環境にどのような影響を与えるのかを分析することである。第三の目的は、各国政府が最適な企業の排出基準(排出率の水準)をどのように規制するのかを検討することにより、国際環境合意の成立条件を考察することである。
    關聯: 神戸大学経済経営研究所セミナー(RIEBセミナー),日本神戸
    显示于类别:[亞洲研究所] 會議論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    110405.ver2.神戸大学.pdf393KbAdobe PDF332检视/开启

    在機構典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.

    TAIR相关文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回馈