English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 49258/83761 (59%)
Visitors : 7139338      Online Users : 73
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/75507


    Title: 環境R&Dと経済成長
    Other Titles: The effects of environmental R&D on economic growth and environment in global economy
    Authors: 小山直則
    Contributors: 淡江大學亞洲研究所
    Date: 2011-04-05
    Issue Date: 2012-03-30 15:58:37 (UTC+8)
    Publisher: 神戸大学経済経営研究所
    Abstract: 本研究の第一の目的は、Grossman and Helpman(1991, ch3)のVariety Modelに環境汚染と企業の環境R&D活動を導入し、企業の排出削減技術の開発が経済成長と環境に与える影響を分析することにある。Grossman and Helpman(1991, ch.3)のモデルを活用することにより、企業による排出削減技術の研究開発行動(環境R&D活動)を議論することが可能となる。さらに、これが経済成長と環境に与える影響を分析することが可能となる。第二の目的は、国際貿易を導入することによって、日本と東アジアのグローバル化の進展が環境R&D活動を通じて各国の経済成長と環境にどのような影響を与えるのかを分析することである。第三の目的は、各国政府が最適な企業の排出基準(排出率の水準)をどのように規制するのかを検討することにより、国際環境合意の成立条件を考察することである。
    Relation: 神戸大学経済経営研究所セミナー(RIEBセミナー),日本神戸
    Appears in Collections:[亞洲研究所] 會議論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    110405.ver2.神戸大学.pdf393KbAdobe PDF323View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback