English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 54451/89232 (61%)
造訪人次 : 10572283      線上人數 : 19
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/66588


    題名: オバマ新政府の中国政策の分析-同舟相救う 左右の手のように助け合うのか?
    作者: 李大中
    貢獻者: 淡江大學國際事務與戰略研究所
    關鍵詞: オバマ政権;中国政策;米中関係;米中戦略経済対話
    日期: 2009-03
    上傳時間: 2011-10-22 20:32:19 (UTC+8)
    出版者: 臺北市:政治大學國際關係研究中心
    摘要: 選挙期間中、「変化」を高らかに謳ったオバマは、2009年1月20日正式に就任を宣誓し、米国第44代大統領になった。内外の切迫した厳しい情勢に直面し、オバマは就任早々息つく暇もなく、米国を早期に経済・金融の窮地から救い出し、一刻も早くこの不景 気の波の衝撃から脱出させなければならない。加えて、外交戦略の構図においても、如何なる新たな発想と新たな方法によって、米国の世界的なイメージと、同盟国の中での名声とリーダーとしての地位を再構築させるかが、新政府の当面の急務となる。新任の国務長 官ヒラリーが2月に行った東アジア四カ国歴訪は、米国政府がこの地域を非常に重視していることをはっきりと示した。その中で、オバマ政府の中国に対する重視度、中国政策の基本方針、米中関係の位置づけと両国の対話の今後の動向が、注目の焦点となっている。 本論文では、予見できる限りの将来において、米中は「共通の利益」という現実的な必要性に基づき、現時点の協力と協調の姿勢を持続させるであろうと考える。長期的には、双方がさらに強固で親密な両国関係を築いていけるかどうかは、互いに「共通の価値観」を 一つ一つ作り上げていけるかどうかにかかっている。
    關聯: 問題と研究 38(1),頁 99-135
    顯示於類別:[國際事務與戰略研究所] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    0288-7738_38(1)p99-135.pdf627KbAdobe PDF233檢視/開啟
    index.html0KbHTML79檢視/開啟
    index.html0KbHTML115檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋