English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 55184/89457 (62%)
Visitors : 10670821      Online Users : 78
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/53390


    Title: 中国語連続音声の四声認識
    Authors: 謝景棠;古市千枝子;今井聖
    Contributors: 淡江大學電機工程學系
    Date: 1988-04
    Issue Date: 2010-12-23 14:21:38 (UTC+8)
    Publisher: 電子情報通信学会
    Abstract: 中国語音声は,同じ音素で構成された音節が声調によって異なる意味をもつので,音声認識を行うためには,まず四声の認識を正確に行うことが重要である。連続音声における音節内のピッチパターンは,隣接音節の影響を強く受けるため,単音節単語のように四声の特徴をはっきり示さなくなる。中国語連続音声の四声認識が,単音節単語の四声認識より困難であるのは,これが主な原因となっている。しかし,隣接音節の影響は音節間の境界近辺で最大となるので,この部分を含まないように適当な長さの区間をとることで,調音結合の影響は軽減されると考えられる。そこで,本論文では,この考えに基づき,各音節ごとに音節核と音節尾を求め,これらをピッチパターンの始点および終点として用いる新しい四声認識法を提案する。音節核は,音声波形のパワーパターンおよびピッチパターンの特徴を用いて,また,音節尾は音節核間のパワーの変化のみを用いて,高い正解率で抽出できる。この音節核および音節尾を用いてセグメンテーションを行い,四声のピッチパターンモデルとの距離の比較による四声認識を行う。得られた四声認識率は視察による結果に近いものとなった。
    Relation: 電子情報通信学会論文誌D(J71D)4,頁661-668
    Appears in Collections:[Graduate Institute & Department of Electrical Engineering] Journal Article

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    index.html0KbHTML237View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback