English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 54931/89277 (62%)
造訪人次 : 10601895      線上人數 : 23
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/53390


    題名: 中国語連続音声の四声認識
    作者: 謝景棠;古市千枝子;今井聖
    貢獻者: 淡江大學電機工程學系
    日期: 1988-04
    上傳時間: 2010-12-23 14:21:38 (UTC+8)
    出版者: 電子情報通信学会
    摘要: 中国語音声は,同じ音素で構成された音節が声調によって異なる意味をもつので,音声認識を行うためには,まず四声の認識を正確に行うことが重要である。連続音声における音節内のピッチパターンは,隣接音節の影響を強く受けるため,単音節単語のように四声の特徴をはっきり示さなくなる。中国語連続音声の四声認識が,単音節単語の四声認識より困難であるのは,これが主な原因となっている。しかし,隣接音節の影響は音節間の境界近辺で最大となるので,この部分を含まないように適当な長さの区間をとることで,調音結合の影響は軽減されると考えられる。そこで,本論文では,この考えに基づき,各音節ごとに音節核と音節尾を求め,これらをピッチパターンの始点および終点として用いる新しい四声認識法を提案する。音節核は,音声波形のパワーパターンおよびピッチパターンの特徴を用いて,また,音節尾は音節核間のパワーの変化のみを用いて,高い正解率で抽出できる。この音節核および音節尾を用いてセグメンテーションを行い,四声のピッチパターンモデルとの距離の比較による四声認識を行う。得られた四声認識率は視察による結果に近いものとなった。
    關聯: 電子情報通信学会論文誌D(J71D)4,頁661-668
    顯示於類別:[電機工程學系暨研究所] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 大小格式瀏覽次數
    index.html0KbHTML235檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋