English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文笔数/总笔数 : 56401/90256 (62%)
造访人次 : 11689365      在线人数 : 49
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻


    jsp.display-item.identifier=請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/43638


    题名: 日本型リスクマネジメント
    作者: 蔡錫勳
    贡献者: 淡江大學日本研究所
    关键词: 不祥事;成果主義;時価総額;マスコミ
    日期: 2008-06-15
    上传时间: 2010-03-01 17:51:52 (UTC+8)
    出版者: 臺北市:政治大學國際關係研究中心
    摘要: ビジネスの世界では、同じような失敗が繰り返されている。なぜ名経営者でも失敗し、また企業は一体誰のものなのか。本稿では、成果主義、時価総額経営とマスコミの力に着目して不祥事の発生経緯を分析した上で、日本企業がどのように経営難関に対応していくのかを浮彫りにしていきたい。アメリカ型の成果主義や時価総額経営といった一連の経営改革は企業経営の効率化を促進させ、日本企業の業績回復に大きく貢献したが、それと同時に不祥事も誘発した。また、経営者も従業員と同様に成果を求められ、時価総額が経営者の業績の有無を判断する大きな基準とされる。綺麗な財務報告は高い株価を維持する基本中の基本であり、企業側は損失を処理する時に、粉飾決算の誘惑に負ける可能性が極めて高い。不祥事企業にとって、最も怖いのは裁判所の罰則よりマスコミと世論だろう。日本では、裁判官は罪を反省した容疑者に軽い処罰を与えがちであり、涙を流せばその効果はもっと大きくなる。
    關聯: 問題と研究 37(2),頁133-154
    显示于类别:[日本研究所] 期刊論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    0288-7738_37(2)p133-154.pdf445KbAdobe PDF79检视/开启

    在機構典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.

    TAIR相关文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回馈