English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 49287/83828 (59%)
Visitors : 7147361      Online Users : 80
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/29290


    Title: 『張文環全集』が出來て思うこと
    Authors: 曾秋桂
    Contributors: 淡江大學日本語文學系
    Keywords: 漱石;張文環;全集;日本語の文章表現;日本近代文學
    Date: 2007-12
    Issue Date: 2013-04-17
    Publisher: 台北縣:淡江大學日本語文學系
    Abstract: 嬉しいことに、陳萬益氏のもとに、多くの優れた台湾文学の若手の研究者が集り、『張文環全集』(2002年、中文版全8冊)と『張文環日本語作品及び草稿全編』(2001年)が台中県立文化中心によって発行された。そのお蔭で、今まで断片しかかき集められない張文環文学の全貌を、全集を辿って読むことによって垣間見ることが出来たのである。1940年代から台湾の文壇で雑誌「台湾文学」を主宰し、御用作家西川満が主宰した「文芸台湾」と対抗した台湾人の日本語作家張文環が華やかに活躍したその背後には、日本語で文学を創作する苦心がありありと見られる。本稿では、台湾人として日本語で文学を創作する困難さと方法を探ることに張文環が苦心した一端を資料の紹介と共に明らかにしたい。
    Relation: 淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 16,頁135-150
    DOI: 
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    index.html0KbHTML81View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback