English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 55242/89549 (62%)
造訪人次 : 10733720      線上人數 : 29
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/28108


    題名: 日本における金融持株会社の監督態勢台湾ヘの参考--特に不公正取引を中心として
    作者: 劉一成
    貢獻者: 淡江大學國際企業經營學系
    關鍵詞: 金融持株会社;不公平取引;金融コングロマリット監督
    日期: 2007-08
    上傳時間: 2013-04-17
    出版者: 台北縣:淡江大學日本語文學系
    摘要: 日本と台湾はともに、90年代から累積した巨大な不良債権収束しっっぁり、収益力の強化はますます重要な経営課題となっている。また、規制緩和も引き続き進展している。今後、金融コシグロマリット化がさらに進展してぃく可能性があるといえ、金融コングロマリットの動向にも関心にを払ってしおく必要がある。本研究は近年日本金融コングロマリット監督における新たな動きを掴み、台湾に対して参考になることを目的してぃる。日本公正取引委員会は2004年的12月“金融機関の業態区分の緩和及び業務範囲の拡大に伴う不公正な取引方法について”というガイドラインが公表された。このガイドラインは台湾にとって、かなり参考にでるといえる。また、2005年6月日本金融庁が公表した“金融コングきロマリット監督指針”の主な内容をまとめてみると、いくつか国際的共通な動きがが見えてくる。これらの課題について積極的に検討すべきである。
    關聯: 淡江日本論叢=Tamkang Japanese Journal 15,頁1-31
    DOI: 10.29714%2fTKJJ.200708.0001
    顯示於類別:[國際企業學系暨研究所] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    index.html0KbHTML134檢視/開啟
    index.html0KbHTML12檢視/開啟
    日本における金融持株会社の監督態勢台湾ヘの参考--特に不公正取引を中心として.pdf4666KbAdobe PDF0檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋