English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 49645/84944 (58%)
造訪人次 : 7698914      線上人數 : 45
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    會議論文 [175/637]
    專書 [110/170]
    專書之單篇 [33/72]
    研究報告 [6/47]
    學位論文 [91/93]

    類別統計

    近3年內發表的文件: 43(7.52%)
    含全文筆數: 377(65.91%)

    文件下載次數統計
    下載大於0次: 376(99.73%)
    下載大於10次: 360(95.49%)
    檔案下載總次數: 58752(42.31%)

    最後更新時間: 2018-05-24 13:41


    上傳排行

    資料載入中.....

    下載排行

    資料載入中.....

    RSS Feed RSS Feed
    跳至:
    或輸入年份:
    由新到舊排序 由最舊的開始

    顯示項目1-25 / 572. (共23頁)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>
    每頁顯示[10|25|50]項目

    日期題名作者
    2018-01-31 台湾における待遇コミュニケーション教育の現状と展望 施信余
    2017-12-31 「愛國之志士」蔡伯毅之塑造: 《嚶鳴集》的人物敘述 富田哲
    2017-12-30 日本統治初期の台湾税関ー月刊誌『台関』 富田哲
    2017-12-23 雑誌『人間』と「戦後日本」との接点―八〇年代台湾における「核」言説のジレンマ 李文茹
    2017-12-15 台湾初MOOCs「非常村上春樹」を実践例として 曾秋桂
    2017-12 村上春樹文学と「阿闍世コンプレックス」―『海辺のカフカ』を例として― 內田康
    2017-07-31 日本語教科書にみる多義動詞「きく」ー中国語母語話者による語義判断に着目してー 蔡欣吟
    2017-07-31 村上春樹文学の魅力―台湾の視点から― 曾秋桂
    2017-06-30 「問題文藝」與早稻田派—探討與日本自然主義的關係— 王憶雲
    2017-06-30 台湾における二人の日本国民作家夏目漱石と村上春樹―淡江大学村上春樹研究センターの設置から見て― 曾秋桂
    2017-06-30 エコクリティシズムから読む有吉佐和子『複合汚染』 曾秋桂
    2017-06-25 岩野泡鳴〈五部作〉の構想と生成 王憶雲
    2017-06-01 ネイチャーライティングとしての『苦海淨土』の読み―近代という魔性との格闘と第三項認識の可能性― 曾秋桂
    2017-06 「村上春樹「女 のいない男たち」論─男たちの関係 性をめぐって─」 王嘉臨
    2017-06 進學班學習態度之調查-以中級日語讀本課程為例 王天保
    2017-04-25 「遍昭らしさ」の行方ー三代集と『遍昭集』を通して」 山下文
    2017-03 「宮沢賢治詩集」の中国語訳についてー難点と克服 顧錦芬
    2016-06-30 元台湾語通訳者市成乙重とアジア・太平洋戦争期の「福建語」 富田哲
    2016-12-31 ネイチャーライティングの観点から読み解く石牟礼道子『苦海浄土』―故郷との対話を中心に― 曾秋桂
    2016-12-31 村上春樹文学の魅力―台湾の視点から― 曾秋桂
    2016-12-31 芥川龍之介作品の現代性―文章構成における近代の超克― 落合由治
    2016-12-30 近代日本における進化概念の受容とその変貌─学界とメディア界の言説資料から─ 落合由治
    2016-12-30 日本語契約書の中訳指導について 周躍原
    2016-12-30 烏爾利希・貝克「風險社會」論述下的日本原發文學書寫―對照多和田葉子與亞歷塞維奇有關核災創作― 曾秋桂
    2016-12-17 「物語の構造から見た時間副詞について─「このころ」「そのころ」「あのころ」を中心に─」 江雯薰

    顯示項目1-25 / 572. (共23頁)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>
    每頁顯示[10|25|50]項目

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋