淡江大學機構典藏:Item 987654321/122542
English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 60879/93651 (65%)
Visitors : 1188141      Online Users : 30
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: https://tkuir.lib.tku.edu.tw/dspace/handle/987654321/122542


    Title: AI情報処理技術を活用したメディア・リテラシー教育の探究
    Other Titles: 探究活用AI資訊處理技術之媒體素養之教育
    Authors: 落合由治
    Keywords: 大学教育;安全保障;メディア.リテラシー;分析フレーム;大學教育;安全保障;媒體素養;分析框架
    Date: 2021-06-30
    Issue Date: 2022-03-12 12:11:40 (UTC+8)
    Publisher: 淡江大學日本語文學系
    Abstract: 今まで日本や台湾の大学教育の中で、安全保障に関する問題が正面から取り上げられることは東西冷戦冷終結以後の1990年代以降ではほとんど無くなっていたと言える。従って、メディア.リテラシーに関する既成の分析フレームや思想的前提は、現在、新たに顕在化した問題の中では有効性を持っているとは言えず、何らかの先行研究等の視点のみに立って問題を取り上げることは適切とは言えない。新しい問題とは、たとえば、利用しているインターネット.アプリの個人利用情報が全部、特定国家に提供されているというような、2010年代はじめまでは起こりえなかった問題が起きているということである。現在、発生している個人、組織、企業の私的レベルから社会、民族、国家の公的レベルまで、あらゆる次元で情報の安全が様々な面で問題になっており、21世紀の新しい社会的危機として認識が必要になっている。全体的な枠組みを作るのは今後の課題であり、現在はまず顕在化したところから、個別の問題を取り上げて、情報技術を応用して、メディア.リテラシーの新しい分野として情報の性質を理解する方法を考えてみたい。
    Relation: 淡江日本論叢 43,頁89-113
    Appears in Collections:[Graduate Institute & Department of Japanese] Journal Article

    Files in This Item:

    File SizeFormat
    index.html0KbHTML5View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback