English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文笔数/总笔数 : 60868/93650 (65%)
造访人次 : 1147663      在线人数 : 26
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻


    jsp.display-item.identifier=請使用永久網址來引用或連結此文件: https://tkuir.lib.tku.edu.tw/dspace/handle/987654321/122542


    题名: AI情報処理技術を活用したメディア・リテラシー教育の探究
    其它题名: 探究活用AI資訊處理技術之媒體素養之教育
    作者: 落合由治
    关键词: 大学教育;安全保障;メディア.リテラシー;分析フレーム;大學教育;安全保障;媒體素養;分析框架
    日期: 2021-06-30
    上传时间: 2022-03-12 12:11:40 (UTC+8)
    出版者: 淡江大學日本語文學系
    摘要: 今まで日本や台湾の大学教育の中で、安全保障に関する問題が正面から取り上げられることは東西冷戦冷終結以後の1990年代以降ではほとんど無くなっていたと言える。従って、メディア.リテラシーに関する既成の分析フレームや思想的前提は、現在、新たに顕在化した問題の中では有効性を持っているとは言えず、何らかの先行研究等の視点のみに立って問題を取り上げることは適切とは言えない。新しい問題とは、たとえば、利用しているインターネット.アプリの個人利用情報が全部、特定国家に提供されているというような、2010年代はじめまでは起こりえなかった問題が起きているということである。現在、発生している個人、組織、企業の私的レベルから社会、民族、国家の公的レベルまで、あらゆる次元で情報の安全が様々な面で問題になっており、21世紀の新しい社会的危機として認識が必要になっている。全体的な枠組みを作るのは今後の課題であり、現在はまず顕在化したところから、個別の問題を取り上げて、情報技術を応用して、メディア.リテラシーの新しい分野として情報の性質を理解する方法を考えてみたい。
    關聯: 淡江日本論叢 43,頁89-113
    显示于类别:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的档案:

    档案 大小格式浏览次数
    index.html0KbHTML5检视/开启

    在機構典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.

    TAIR相关文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回馈