淡江大學機構典藏:Item 987654321/117117
English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 55572/89886 (62%)
造訪人次 : 11025812      線上人數 : 155
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/117117


    題名: AIのテキストマイニング技術による日本文学研究への支援--『多和田葉子『不死の島』を例にして
    作者: 曾秋桂
    關鍵詞: AI;多和田葉子;「不死の島」;テキストマイニング技術;協働;AI;多和田葉子;「不死之島」;文字探勘技術;協同合作;AI;Tawada Yoko;"Immortal island";text mining technology;collaboration
    日期: 2019-06-30
    上傳時間: 2019-09-24 12:11:35 (UTC+8)
    出版者: 淡江大學日本語文學系
    摘要: 21世紀のAI時代を生きている私たちにとって、各自が従事している分野をAIと関連して考えることを避けては通れない課題となっている。そこで、AIのテキストマイニング技術による日本文学研究への支援を試みることを本論文の研究目的とした。具体的に、2018年度国際交流基金賞を受賞し、同年11月にアメリカで最も権威を持つ全国図書賞(翻訳部門)も獲得した、越境作家として著名な日本人作家多和田葉子の『献灯使』に収められた「不死の島」を取り扱うことにした。従来の文学研究との違いを見極めるため、論者が長年研究し続けてきた「不死の島」の研究成果を対照に見ることも選択の理由に挙げられる。AIのテキストマイニング技術を駆使し、「不死の島」を解析した結果、従来の文学作品の精読を通した研究成果の精緻さには匹敵しえないが、ある程度、読みをサポートすることが可能だということを確認した。現在、情報通信技術では日々新しいプログラムが開発されている。例えば新聞記事を基準に編集されたMeCab用のIPA辞書の拡張などは、日進月歩に進化を遂げるAI技術を日本文学研究への支援に活かすことができる。今後の文学研究では、AI技術を文学研究に活かすことを目標に、文学研究者が駆使してきた読解技術の熟練を基礎としながら、AIと協働して産み出せる成果が期待される。
    生活在21世紀的AI時代,研究者思考本身所從事的研究與A的I相關聯性,是一個無法避免的重要課題。於是本論文即嘗試應用AI文字探勘技術支援日本文學研究為動機而進行的研究成果。具體是以世界知名的日本越境作家多和田葉子《獻燈使》中收錄的一篇作品「不死の島」為考察標的。名著《獻燈使》獲得了2018年度日本國際交流基金獎、2018年11月再次榮獲美國最具權威的全國圖書獎(翻譯部門)。為了清楚釐清與一般文學研究成果的差異性,選擇本人多年研究熟稔的「不死之島」也是原因之一。應用AI文字探勘技術,解析「不死之島」的結果顯示:AI文字探勘技術支援日本文學研究,雖然目前還不能媲美當前學者精讀分析的精湛成果,但可確認的一點是AI文字探勘技術是能有效支援文學研究。日新月異開發的新程式大部分,都是擷取報紙上的用詞而編輯成可供MeCab用的IPA字典。若再擴大其遣詞用句就能突破障礙供作文學研究上使用。又文學研究者能再多熟練文字探勘技術的話,與AI合作産出的文學研究成果,是抱以無限樂觀的期許的。|For us living in the AI era of the 21st century, it is an unavoidable task to think about the fields in which we are engaged in relation to AI. The purpose of this paper was to attempt to support Japanese literature research using AI text mining technology. Specifically, this paper choices the subject of research; "Immortal Island" in Yoko Tawada's "The Emissary", which won the 2018 Japan Foundation Award and won the most prestigious national book award in the United States in November of the same year. Another reason for this choice is to compare it with the "immortal island" that author has been studying for many years in order to identify the difference from conventional literary research. As a result of analyzing "Immortal Island" using AI's text mining technology, it is not comparable to the elaboration of research results through the careful reading of conventional literary works, but it is possible to support reading to some extent using AI's text mining technology. Currently, new programs are being developed every day in information and communication technology. For example, the expansion of the IPA dictionary for MeCab edited based on newspaper articles can be used to support Japanese literature research with AI technology that is evolving rapidly. In literary research, with the goal of utilizing AI technology in literary research, the results produced in collaboration with AI are expected based on the skill of reading techniques that literary researchers have used to date.
    關聯: 淡江日本論叢 39, p.1-20
    顯示於類別:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    AIのテキストマイニング技術による日本文学研究への支援-多和田葉子『不死の島』を例にして-.pdf985KbAdobe PDF0檢視/開啟
    index.html0KbHTML21檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋