English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 55224/89525 (62%)
造訪人次 : 10723093      線上人數 : 21
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/116921


    題名: 岩野泡鳴『断橋』の「附録」についての考察—テクストの生成過程に着目して—
    其他題名: 解讀岩野泡鳴「五部作」《斷橋》之附錄-著眼於文本生成的過程-|A Study of the Appendix in Dankyo from the Pentalogy by Iwano Hōmei: The Process of Text Formation
    作者: 王憶雲
    關鍵詞: 岩野泡鳴;五部作;断橋;改稿;一元描写;岩野泡鳴;五部作;斷橋;改稿;一元描寫;Iwano Hōmei;Pentalogy;Dankyo;Revisal;One-Dimensional Narrative
    日期: 2019-06
    上傳時間: 2019-09-10 12:10:37 (UTC+8)
    出版者: 臺灣大學日本語文學系
    摘要: 岩野泡鳴は〈五部作〉に繰り返し改稿の手を加えた。『泡鳴五部作叢書』が〈五部作〉の最終形態であるが、第二編『断橋』には本篇から削除された四つの断片が「附録」として収められている。本稿では「附録」のうち、〈お鳥の苦み〉の生成過程に見られる改稿を通して、泡鳴の意図を明らかにする。〈お鳥の苦み〉は、独立した短篇小説として発表されたもの(A)、連載小説として発表されたものの一部(B)、叢書『断橋』所収(C)、という三つのテクストが存在している。それぞれの内容に大きな違いはないが、人物の描写方法が異なっている。まず、AとBを見る。Aは人物描写に心を砕くことで、文壇で高い評価を得た。これに自信を得た泡鳴は各人物の内面描写をさらに増やし、Bを世に送り出したのである。次に、BとCである。Bは義雄を主人公とした物語の一部であったが、Cはお鳥を焦点人物とする物語に再生産されている。この改稿は、〈一元描写〉に基づいたものである。このように、泡鳴が小説家としての活動を開始してから〈一元描写〉へ向かう過程において、様々な方法を試みた跡が見られる。「附録」は、〈五部作〉や〈一元描写〉を理解する上で見過ごせない重要なテクストなのである。
    岩野泡鳴的生涯代表長篇「五部作」,文本經過多次修改、發表以及出版,其最終型態為新潮社出版的《泡鳴五部作叢書》。此叢書之第二部《斷橋》收有〈附錄〉,乃本文中被刪除的部分,變成了四則短篇小說。本論文以其中一篇〈阿鳥的苦痛〉為中心,進行文本比較,藉由其改稿方式,來探討泡鳴的意圖,並試問〈附錄〉存在的意義。文本共有三種:最初以短篇小說形式發表的A,連載長篇小說的一部分B,以及最後〈附錄〉所收的文本C。經過比較,由於B整體的主角是田村義雄,泡鳴依據自身小說理論「一元描寫」進行詳細而徹底的修改,將阿鳥設定為唯一的焦點人物,因而有了C;A在發表當時因人物的心理描寫獲得文壇好評,泡鳴便繼續深化心理描寫的手法,B因此而生。透過〈附錄〉文本的生成過程,我們可以看到泡鳴在不同的階段嘗試不同的小說寫法,這個特徵亦是理解「五部作」文本其複雜形成過程與方法演變的關鍵。|The Series of Hōmei's Pentalogy published by Shinchosha Publishing Corporation is the final form of Iwano Hōmei's Pentalogy, his representative novel. In the series, the second part Dankyo contains an appendix, which presents the texts that are deleted from the main body of the novel. These texts has be published for three times. A being previously published as a short story, B included in a serial novel, and C, the last part, serving as the appendix. This study conducts an intertextual analysis on "The Suffering of Otori", one of the short stories in the Appendix, to explore how Iwano revises the texts and why the Appendix exists. The analysis shows that C is revised to solely focus on Otori in the story based on the Theory of One-Dimensional Narrative proposed by Iwano himself, while B greatly increases psychological descriptions of the characters compared to A. From the text formation of the Appendix, it is clear that Iwano attempts in different ways at different stages, which epitomes the formation of the Pentalogy.
    關聯: 台大日本語文研究 37, p.39-62
    DOI: 10.6183/NTUJP.201906_(37).0003
    顯示於類別:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    index.html0KbHTML13檢視/開啟
    岩野泡鳴の小説集『非凡人』と〈一元描写〉-物語論を通して-.pdf1012KbAdobe PDF0檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋