淡江大學機構典藏:Item 987654321/116163
English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 56570/90363 (63%)
Visitors : 11878647      Online Users : 68
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/116163


    Title: 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)の戦略的意義について
    Authors: 胡慶山
    Keywords: 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)の戦略的意義について
    Date: 2018-12-14
    Issue Date: 2019-03-30 12:14:55 (UTC+8)
    Publisher: 淡江大学日本政経研究所
    Abstract: 日本の野太郎外相は、中華民国政府(台湾)の住民投票 で日本の5県 の食品輸入禁止を遺憾したことを明らかにした。また、河野氏は、中華民国政府(台湾)が太平洋・太平洋パートナーシップ包括的進歩協定(CPTPP)に加わることを希望しているが、「このような状況のため、参加できなくなることは非常に残念だ」と述べた。日本政府関係者は、中華民国政府(台湾)が5県の食品輸入禁止を持ち上げることでCPTPPに参加できなくなるという立場を表明したのはこれが初めてである 。
    河野氏は、記者会見で、中華民国政府(台湾)の住民投票で日本の5県の食品輸入禁止措置について尋ねられた際に、日本が世界貿易機関(WTO)へ訴えを提起する進展について、食糧制限が科学的根拠に確立されたルールであり、日本はこれまでにいろいろな情報を中華民国政府(台湾)に提供してきており、今日の状況になってしまい、それは非常に残念だとしか言えないし、 WTO規則に違反した場合、日本は中華民国政府(台湾)への訴えを除外しないと述べた 。
    ここにおいては、「アジア太平洋地域における多国間経済協力フレームワーク」、「TPPからCPTPPへの戦略」、「TPPからCPTPPへの「透明性」戦略」、「RECP・一帯一路・太平洋同盟の戦略」、「CPTPPの発効に対する期待の戦略」、「アメリカのCPTPPへの戦略的思考」、「日本のCPTPPへの戦略的思考」、「台湾の見方からCPTPPの戦略的意義について」を結びに代えていくこととする。
    Relation: 「一緒に世界の風を読もう 国際異文化ビジネスの進展 台湾と日本の連携より」淡江大学日本政経研究所国際会議
    Appears in Collections:[Graduate Institute of Japan Political and Economic ] Proceeding

    Files in This Item:

    There are no files associated with this item.

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback