English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文笔数/总笔数 : 55225/89525 (62%)
造访人次 : 10727203      在线人数 : 22
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻


    jsp.display-item.identifier=請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/116130


    题名: 「人工知能AIと外国語翻訳―多和田葉子『献灯使』を例にしてー」
    其它题名: 人工智慧AI與外語翻譯:以多和田葉子《獻燈使》為例|Artificial Intelligence AI and foreign language translation: Tawada Yoko's 'The Emissary' as an example for case study
    作者: 曾秋桂
    关键词: Artificial Intelligence AI;Foreign Language Translation;Yoko Tawada;"The Emissary";Translation Software
    日期: 2018-12-30
    上传时间: 2019-03-30 12:13:24 (UTC+8)
    出版者: 淡江大學日本語文學系
    摘要: 21世紀の日常生活では、AI(Artificial Intelligence)や人工知能という言葉をよく耳にするようになっている。日々の技術革新により躍進したAIに代替される職種リストには、教師という仕事も含まれている。外国語教育の5技能のうちの一つである翻訳は日進月歩の技術進歩を遂げたAIに取って代わられる可能性が大いにある。その中で、人文社会系の教育が脅威をもたらしているAIとどのようにかかわっていくかは、避けて通れない課題と認識する必要がある。本論文では「人工知能AIと外国語翻訳」をテーマに、実際の用例からAIとのかかわり方の一端を示す。研究手順として、まず、AIの語源.定義.歴史.分類を簡単に紹介する。次に今まで論じられてきた外国語翻訳に関する先行研究から諸課題をピックアップする。それに続き、論者が実際に翻訳した多和田葉子の『献灯使』を例に、現在よく使われていると言われる翻訳ソフトのGOOGLE翻訳、EXCITE翻訳(高電社)、Fresheye翻訳、百度翻訳の4種類を応用し、翻訳したものと比較対照する。最後に、その間の差異に着目し、AIとのかかわり方について、提言する。
    關聯: 淡江日本論叢 38, p.27 - 48
    显示于类别:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    index.html0KbHTML45检视/开启
    人工知能AIと外国語翻訳-多和田葉子『献灯使』を例にして─.pdf1211KbAdobe PDF0检视/开启

    在機構典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.

    TAIR相关文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回馈