English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 51254/86278 (59%)
Visitors : 8000752      Online Users : 57
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/112345


    Title: 日欧 FTAが日本の輸出に与える影響ついて
    Authors: 小山直則
    Keywords: 日欧FTA;重力モデル;パネル分析;日本の輸出
    Date: 2017-11-10
    Issue Date: 2017-12-12 02:10:19 (UTC+8)
    Abstract: 日本と欧州連合(EU)は、2017年7月6日に、ブリュッセルの首脳会談で、経済連携協定(EPA)の締結で大枠合意した。日本のEUへの輸出依存度は、米国と同じ12%台である。本稿の目的は、日欧FTAが日本の総輸出額に与える影響を推計することにある。まず、1990年から2015年までの日本とEU加盟国のうち18カ国を含む55カ国のペア・データを用いて、55カ国の総輸出額を重力モデルによって推計する。次に、この推計結果を用いて、日欧FTAが日本の総輸出額に与える影響を推計する。本稿の主要な結果は、日欧FTAは、日本の総輸出額を平均的に2%以上拡大させる可能性があるということである。EU加盟国のうち、26カ国は高所得国であるため、日本の輸出拡大が期待されるであろう。
    Relation: 第八屆當代日本研究年會「全球政經新局勢下的日本研究」大会手冊
    Appears in Collections:[日本政經研究所] 會議論文

    Files in This Item:

    There are no files associated with this item.

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback