English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 56570/90363 (63%)
造訪人次 : 11880963      線上人數 : 44
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/111868


    題名: 日本語教科書にみる多義動詞「きく」ー中国語母語話者による語義判断に着目してー
    作者: 蔡欣吟
    關鍵詞: 中国語母語話者;教科書;多義語;聞く;語義判断
    日期: 2017-07-31
    上傳時間: 2017-10-27 02:11:12 (UTC+8)
    摘要: 日本語学習者にとって、多義語の語義判断は容易にできることではない。実際に
    教育現場に活用できる語義判断の手がかりを提示することを、本稿の目的とする。
    台湾で使用されている教科書を調査資料に、多義動詞「きく」の導入過程と使用例を
    観察した。意味の判断に戸惑う原因は、日本語における語義の上位概念は一つである
    のに対し、中国語ではそれは別々の語で表されるため、それらの上位概念が日本語と
    共通していないことにあると推定する。この問題を解決するために、動作の自発性と
    積極性に着目した。「きく」の使用例を文脈依存型と共起関係依存型に分類し、考察
    した結果、自発性と積極性によって、それに相応する語義を選択することが妥当で
    あることが認められる。この調査結果は学習者に、より豊富な選択の仕方を提供
    できると考える。
    關聯: 日本學刊 20
    顯示於類別:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    日本語教科書にみる多義動詞「きく」ー中国語母語話者による語義判断に着目してー.pdf360KbAdobe PDF0檢視/開啟

    在機構典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.

    TAIR相關文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回饋