淡江大學機構典藏:Item 987654321/108578
English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文笔数/总笔数 : 58605/92268 (64%)
造访人次 : 548510      在线人数 : 67
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻


    jsp.display-item.identifier=請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/108578


    题名: 金融緩和政策の有効性-90年代末日本に起きた流動性とデフレの罠を例として
    其它题名: A Study on the Effectiveness of the Monetary Policy-using the Japanese Liquidity Trap and Deflation Case in 2000s
    作者: Yi-cheng Liu
    日期: 2007-12
    上传时间: 2016-11-30 02:10:55 (UTC+8)
    出版者: 淡江大學日本語文學系
    摘要: 1990年代末から日本は今までなかったゼロ金利政策をとった。さらに2001年より量的緩和政策を実行した。であるにもかかわらず、日本の経済は流動性とデフレの罠に陥った。これらの政策は信用秩序、金融システムの安定や景気と物価に対する効果を実証研究によって、金融緩和政策の有効性に重要な例かつ経済学にとって有意義である。本稿は主に2006年3月金融緩和政策の解除までのデータを用い、各研究者の実証結果を分析、整理した上で、その有効性を検証する。それに政策スタンスをゼロ金利と量的な金融緩和政策に分けて、それぞれの効果を評価する。特に量的な緩和に焦点として検視することである。総じて、ゼロ金利政策は、不良債権の先送りと企業のバランス・シート調整の遅れなどで、景気刺激効果はほとんどなかった。一方、量的緩和政策は金融機関の破綻を回避し、金融システム不安の広がりを防ぐことができたので、信用秩序維持政策効果があった。
    關聯: 淡江日本叢論 16,頁71 - 92
    DOI: 10.29714%2fTKJJ.200712.0006
    显示于类别:[國際企業學系暨研究所] 期刊論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    index.html0KbHTML48检视/开启
    金融緩和政策の有効性-90年代末日本に起きた流動性とデフレの罠を例として.pdf2236KbAdobe PDF1检视/开启

    在機構典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.

    TAIR相关文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回馈