English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 51296/86402 (59%)
Visitors : 8160855      Online Users : 90
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/107972


    Title: [書評]山本和行著『自由・平等・植民地性ー台湾における植民地教育制度の形成』
    Authors: 富田哲
    Keywords: 国家教育社;教育制度;自由;平等;植民地性;義務教育
    Date: 2016-07-02
    Issue Date: 2016-10-19 02:10:45 (UTC+8)
    Publisher: 天理台湾学会
    Abstract: 本稿は、2015年に刊行された山本和行『自由・平等・植民地性―台湾における植民地教育制度の形成―』(台北:国立台湾大学出版中心、800元、ISBN:978-986-350-072-8)の書評である。著者は、自由・平等・植民地性という概念をキーワードとして、日本統治初期台湾における教育制度の形成を、1890年代の教育制度をめぐる議論の動向と対照させながらあきらかにしようとしている。というのも、1890年代の議論において大きな位置を占めていた国家教育社という全国的な教育団体の社員が、日本統治草創期の台湾の教育行政および教育現場で重要な役割をになっていたからである。
     使命感をいだいて「新領土」台湾へわたった国家教育社社員の存在を考えれば、「内地」での議論を背景として台湾で教育費の国庫負担や義務教育の実施が検討される可能性もあったように思われる。しかし結局は、「内地」と「外地」の峻別を前提として教育制度の構築が進み、植民地性が付与されていくことになった。
    Relation: 天理台湾学報 25, pp.205-214
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    index.html0KbHTML63View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback