English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 49378/84106 (59%)
Visitors : 7375074      Online Users : 56
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/106000


    Title: 日本語学習者の学ぶ意欲を高める教師の行動と役割ー第二言語不安を中心とした考察ー
    Other Titles: 提升日本語學習者的學習意願教師的行動與角色ー以第二語言焦慮為中心之考察ー
    Authors: 堀越和男
    Keywords: 学習意欲;第二言語不安;自己効力感;教室内学習場面;教師の役割
    Date: 2015-12-01
    Issue Date: 2016-04-22 13:14:24 (UTC+8)
    Publisher: 致良出版社
    Abstract: 本研究は、今福・堀越(2012)の調査に加え、それと同時に行った第二言語不安の調査結果を中心に、教師の行動を分析しその役割について考察するものである。まず、学習者の第二言語不安を構成する因子を抽出し、その不安因子が成績と自己効力感に与える影響及び成績と自己効力感が不安因子に与える影響の、双方向の観点から分析を行った。そして、教師のどのような行動が不安を抑制するのか探り、前掲論文で明らかとなった自己効力感を高める教師の行動を踏まえ、結果的にその行動が学習成果にどのように影響を与えるのか明らかにした。また、この分析の結果、教師は教授者としての役割だけではなく、学習者が安心して教室活動に参加できるような雰囲気を作り、その活動が円滑に行えるように支援をしていくファシリテーターとしての役割や、学習上の困難や悩みなどを解消し解決に導くアドバイザーとしての役割も必要とされていることが裏付けられた。
    Relation: 台灣日語教育學報 25,頁316-345
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    index.html0KbHTML59View/Open

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback