English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 49378/84106 (59%)
Visitors : 7380057      Online Users : 64
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version
    Please use this identifier to cite or link to this item: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/103658


    Title: 日本語における品詞論の再構築─歴史的発展と課題への一考察
    Authors: 落合由治
    Keywords: 文法概念;ラング;パロール;表現主体;活動
    Date: 2014-11-15
    Issue Date: 2015-09-14 18:08:29 (UTC+8)
    Publisher: 輔仁大學日文系
    Abstract: 日本語教育や日本語学は現在、大きな転換期に入ったと考えられる。その背景には日本語学の課題も存在する。現在、日本語教育で使われている日本語に関する文法概念の流れには、大きく三つの潮流が存在している。まず、現在の日本語教育と日本語研究に見られる品詞概念の起源のひとつは、国語史的な視点の延長として、言語活動の場面と主体を捨象してソシュール的ラングの側面から研究を進めてきた橋本文法などの国文法に由来する文法的品詞分類による分類体系である。それに接続する形で、欧米の言語研究由来の観点を導入した日本語学で使用されている様々な概念が並行的に使用されている。三つ目は、国文法とは異なる日本語教育の現場の必要性から生まれて来た「複合辞」「基本文型」などの日本語教育での文法的概念である。こうした異質な概念の混淆現象がもたらしている日本語研究および教育上の説明内容の混乱や困難については、台湾の日本語教育の現場でも周知の事実と言えよう。本発表では、近年、活発化している文法概念や品詞の見直しに関わる議論の概略を踏まえながら、ただの問題提起にすぎない段階ではあるが、テクスト論的観点での文法の見直しを提案したい。今回、取り上げる中心的課題は言語観の転換である。本発表では、西口光一(2013)の提起するバフチン的な対話原理のように、より表現主体の言語活動に即した教授法を導入した新しい日本語教育と日本語研究に道を開くために、今までのラングの文法概念を、具体的テクストに即して表現主体の自己表現活動のパロール的視点から見直すことにする。
    Relation: 2014年度輔仁大学日本語文学科国際シンポジウム「新旧の出会うところ―日本語文法の理論と実践―』
    Appears in Collections:[日本語文學系暨研究所 ] 會議論文

    Files in This Item:

    There are no files associated with this item.

    All items in 機構典藏 are protected by copyright, with all rights reserved.


    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - Feedback