English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文笔数/总笔数 : 49942/85109 (59%)
造访人次 : 7787169      在线人数 : 47
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library & TKU Library IR team.
搜寻范围 查询小技巧:
  • 您可在西文检索词汇前后加上"双引号",以获取较精准的检索结果
  • 若欲以作者姓名搜寻,建议至进阶搜寻限定作者字段,可获得较完整数据
  • 进阶搜寻


    jsp.display-item.identifier=請使用永久網址來引用或連結此文件: http://tkuir.lib.tku.edu.tw:8080/dspace/handle/987654321/100253


    题名: 志賀直哉「児を盗む話」
    作者: 王嘉臨
    贡献者: 日本語文學系暨研究所
    关键词: 「児を盗む話」/志賀直哉の初期 / <できごと>としての自己 / 自己崩壊/ 近代市民社会における自己
    日期: 2014-12
    上传时间: 2015-02-11 15:09:49 (UTC+8)
    出版者: 致良出版社
    摘要: 「児を盗む話」は志賀直哉の初期最後の作品である。「児を盗む話」について、従来「私」と女児の関係性を中心に論じられてきた。近年では、「児を盗む話」を初期一連の犯罪小説の系譜に位置付けた研究も見られる。本論では従来の読みに固執せず、「自己」という視点からこの作品を読み解いていきたい。
    關聯: 2014年度台灣日本語文學國際學術研討會--學習人口銳減時期之台灣日本語文教育課題
    显示于类别:[日本語文學系暨研究所 ] 會議論文

    文件中的档案:

    档案 描述 大小格式浏览次数
    志賀直哉「児を盗む話」論1214.docx44KbMicrosoft Word519检视/开启

    在機構典藏中所有的数据项都受到原著作权保护.

    TAIR相关文章

    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library & TKU Library IR teams. Copyright ©   - 回馈